万葉集 第9巻 1723番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1723番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1723番歌

第9巻
歌番号1723番歌
作者
題詞絹歌一首
原文河蝦鳴 六田乃河之 川楊乃 根毛居侶雖見 不飽<河>鴨
訓読かわづ鳴く六田の川の川柳のねもころ見れど飽かぬ川かも
かなかはづなく むつたのかはの かはやぎの ねもころみれど あかぬかはかも
英語(ローマ字)KAHADUNAKU MUTSUTANOKAHANO KAHAYAGINO NEMOKOROMIREDO AKANUKAHAKAMO
川柳が立ち並びかはづ鳴く六田の川、その風情はいくら念入りに眺めていても、見飽きることがない。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 君 河 [壬][類][古][紀]
用語雑歌、柿本人麻呂歌集、作者:絹、吉野、土地讃美、羈旅、非略体、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました