万葉集 第9巻 1724番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1724番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1724番歌

第9巻
歌番号 1724番歌
作者 嶋足
題詞 嶋足歌一首
原文 欲見 来之久毛知久 吉野川 音清左 見二友敷
訓読 見まく欲り来しくもしるく吉野川音のさやけさ見るにともしく
かな みまくほり こしくもしるく よしのがは おとのさやけさ みるにともしく
英語(ローマ字) MIMAKUHORI KOSHIKUMOSHIRUKU YOSHINOGAHA OTONOSAYAKESA MIRUNITOMOSHIKU
一度見てみたいと思ってやってきた甲斐があって吉野川の川音のすがすがしさは格別。いくら見ていても見飽きない。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、柿本人麻呂歌集、作者:嶋足、吉野、土地讃美、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました