万葉集 第9巻 1725番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1725番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1725番歌

第9巻
歌番号 1725番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 麻呂歌一首
原文 古之 賢人之 遊兼 吉野川原 雖見不飽鴨
訓読 いにしへの賢しき人の遊びけむ吉野の川原見れど飽かぬかも
かな いにしへの さかしきひとの あそびけむ よしののかはら みれどあかぬかも
英語(ローマ字) INISHIHENO SAKASHIKIHITONO ASOBIKEMU YOSHINONOKAHARA MIREDOAKANUKAMO
昔の名高い賢者たちも遊んだという吉野の川原は見ても見ても見飽きないすばらしい所だ。
左注 右柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、柿本人麻呂歌集、作者:麻呂、吉野、羈旅、土地讃美、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました