万葉集 第9巻 1749番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1749番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1749番歌

第9巻
歌番号 1749番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 (春三月諸卿大夫等下難波時歌二首[并短歌])
原文 白雲乃 立田山乎 夕晩尓 打越去者 瀧上之 櫻花者 開有者 落過祁里 含有者 可開継 許知<期>智乃 花之盛尓 雖不見<在> 君之三行者 今西應有
訓読 白雲の 龍田の山を 夕暮れに うち越え行けば 瀧の上の 桜の花は 咲きたるは 散り過ぎにけり ふふめるは 咲き継ぎぬべし こちごちの 花の盛りに 見さずとも 君がみ行きは 今にしあるべし
かな しらくもの たつたのやまを ゆふぐれに うちこえゆけば たきのうへの さくらのはなは さきたるは ちりすぎにけり ふふめるは さきつぎぬべし こちごちの はなのさかりに めさずとも きみがみゆきは いまにしあるべし
英語(ローマ字) SHIRAKUMONO TATSUTANOYAMAWO YUFUGURENI UCHIKOEYUKEBA TAKINOUHENO SAKURANOHANAHA SAKITARUHA CHIRISUGINIKERI FUFUMERUHA SAKITSUGINUBESHI KOCHIGOCHINO HANANOSAKARINI MESAZUTOMO KIMIGAMIYUKIHA IMANISHIARUBESHI
白雲が立つという龍田の山を夕暮れに越えて行くと、滝の上の桜の花は咲いて散っていた。つぼみのまま残っているのは続いて咲くことでしょう。あちこちの枝に咲きそろう花の盛りは見られなくとも、君が行って見るのは今こそ好機でしょう。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 斯 期 [藍][類][紀] / 左右 在 [新訓万葉集] (塙) 左右
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、奈良、餞別、天平6年3月、年紀、難波、大阪、風神、鎮花、地名、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました