万葉集 第9巻 1803番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1803番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1803番歌

第9巻
歌番号1803番歌
作者田辺福麻呂
題詞((過葦屋處女墓時作歌一首[并短歌])反歌)
原文語継 可良仁文幾許 戀布矣 直目尓見兼 古丁子
訓読語り継ぐからにもここだ恋しきを直目に見けむ古へ壮士
かなかたりつぐ からにもここだ こほしきを ただめにみけむ いにしへをとこ
英語(ローマ字)KATARITSUGU KARANIMOKOKODA KOHOSHIKIWO TADAMENIMIKEMU INISHIHEWOTOKO
こうして語り継ぐだけでもどんな女性だったろうと逢いたくなるのに。直接目にした古への男たちはどれほど恋いこがれたことだろう。
左注(右七首田邊福麻呂之歌集出)
校異
用語挽歌、作者:田辺福麻呂歌集、兵庫県、芦屋、妻争い、鎮魂、伝説、うない娘子、地名
タイトルとURLをコピーしました