万葉集 第9巻 1782番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1782番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1782番歌

第9巻
歌番号1782番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞与妻歌一首
原文雪己曽波 春日消良米 心佐閇 消失多列夜 言母不徃来
訓読雪こそば春日消ゆらめ心さへ消え失せたれや言も通はぬ
かなゆきこそば はるひきゆらめ こころさへ きえうせたれや こともかよはぬ
英語(ローマ字)YUKIKOSOBA HARUHIKIYURAME KOKOROSAHE KIEUSETAREYA KOTOMOKAYOHANU
雪ならば春日に消えもしようが、そなたは心まで消え失せたのか何の便りも寄越さないね。
左注(右二首柿本朝臣人麻呂之歌集中出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:柿本人麻呂歌集、恨み歌、妻、非略体
タイトルとURLをコピーしました