万葉集 第9巻 1721番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1721番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1721番歌

第9巻
歌番号 1721番歌
作者 元仁
題詞 (元仁歌三首)
原文 辛苦 晩去日鴨 吉野川 清河原乎 雖見不飽君
訓読 苦しくも暮れゆく日かも吉野川清き川原を見れど飽かなくに
かな くるしくも くれゆくひかも よしのがは きよきかはらを みれどあかなくに
英語(ローマ字) KURUSHIKUMO KUREYUKUHIKAMO YOSHINOGAHA KIYOKIKAHARAWO MIREDOAKANAKUNI
残念ながら日が暮れて行く。吉野川の清らかな川原は見ていても飽きがこないというのに。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 雑歌、柿本人麻呂歌集、作者:元仁、吉野、土地讃美、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました