万葉集 第9巻 1736番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1736番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1736番歌

第9巻
歌番号1736番歌
作者式部大倭
題詞式部大倭芳野作歌一首
原文山高見 白木綿花尓 落多藝津 夏身之川門 雖見不飽香開
訓読山高み白木綿花に落ちたぎつ夏身の川門見れど飽かぬかも
かなやまたかみ しらゆふばなに おちたぎつ なつみのかはと みれどあかぬかも
英語(ローマ字)YAMATAKAMI SHIRAYUFUBANANI OCHITAGITSU NATSUMINOKAHATO MIREDOAKANUKAMO
山が高いのでそこからたぎち落ちる大滝(宮滝)は真っ白な白木綿のようだ。その上流夏身の川門は美しく、見ても見ても見飽きない。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:式部大倭、吉野、土地讃美、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました