万葉集 第9巻 1737番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1737番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1737番歌

第9巻
歌番号 1737番歌
作者 兵部川原
題詞 兵部川原歌一首
原文 大瀧乎 過而夏箕尓 傍為而 浄川瀬 見何明沙
訓読 大滝を過ぎて夏身に近づきて清き川瀬を見るがさやけさ
かな おほたきを すぎてなつみに ちかづきて きよきかはせを みるがさやけさ
英語(ローマ字) OHOTAKIWO SUGITENATSUMINI CHIKADUKITE KIYOKIKAHASEWO MIRUGASAYAKESA
宮滝を通り過ぎて、夏身の川原に近づき、その清らかな川瀬を見ると実にすがすがしい。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:兵部川原、吉野、土地讃美、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました