万葉集 第9巻 1705番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1705番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1705番歌

第9巻
歌番号1705番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(獻舎人皇子歌二首)
原文冬木成 春部戀而 殖木 實成時 片待吾等叙
訓読冬こもり春へを恋ひて植ゑし木の実になる時を片待つ我れぞ
かなふゆこもり はるへをこひて うゑしきの みになるときを かたまつわれぞ
英語(ローマ字)FUYUKOMORI HARUHEWOKOHITE UゑSHIKINO MININARUTOKIWO KATAMATSUWAREZO
冬の真っ最中、春がやってきて芽吹くのを心待ちにして木を植えたのだが、片や、その先の実になる季節の到来を早くも心待ちにしている。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、舎人皇子、献呈歌、非略体、季節
タイトルとURLをコピーしました