万葉集 第9巻 1727番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1727番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1727番歌

第9巻
歌番号1727番歌
作者作者不詳
題詞和歌一首
原文朝入為流 人跡乎見座 草枕 客去人尓 妾<名>者不<教>
訓読あさりする人とを見ませ草枕旅行く人に我が名は告らじ
かなあさりする ひととをみませ くさまくら たびゆくひとに わがなはのらじ
英語(ローマ字)ASARISURU HITOTOWOMIMASE KUSAMAKURA TABIYUKUHITONI WAGANAHANORAJI
ただたんに玉藻を刈っている者とだけご覧下さい。ゆきづりの旅のお方には名は申しません。
左注
校異歌 [西] 謌 / <> 名 [万葉集新考] / 敷 教 [万葉集略解]
用語雑歌、和歌、答え、羈旅、大阪、妻問い
タイトルとURLをコピーしました