万葉集 第9巻 1755番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1755番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1755番歌

第9巻
歌番号 1755番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 詠霍公鳥一首[并短歌]
原文 鴬之 生卵乃中尓 霍公鳥 獨所生而 己父尓 似而者不鳴 己母尓 似而者不鳴 宇能花乃 開有野邊従 飛翻 来鳴令響 橘之 花乎居令散 終日 雖喧聞吉 幣者将為 遐莫去 吾屋戸之 花橘尓 住度鳥
訓読 鴬の 卵の中に 霍公鳥 独り生れて 己が父に 似ては鳴かず 己が母に 似ては鳴かず 卯の花の 咲きたる野辺ゆ 飛び翔り 来鳴き響もし 橘の 花を居散らし ひねもすに 鳴けど聞きよし 賄はせむ 遠くな行きそ 我が宿の 花橘に 住みわたれ鳥
かな うぐひすの かひごのなかに ほととぎす ひとりうまれて ながちちに にてはなかず ながははに にてはなかず うのはなの さきたるのへゆ とびかけり きなきとよもし たちばなの はなをゐちらし ひねもすに なけどききよし まひはせむ とほくなゆきそ わがやどの はなたちばなに すみわたれとり
英語(ローマ字) UGUHISUNO KAHIGONONAKANI HOTOTOGISU HITORIUMARETE NAGACHICHINI NITEHANAKAZU NAGAHAHANI NITEHANAKAZU UNOHANANO SAKITARUNOHEYU TOBIKAKERI KINAKITOYOMOSHI TACHIBANANO HANAWOゐCHIRASHI HINEMOSUNI NAKEDOKIKIYOSHI MAHIHASEMU TOHOKUNAYUKISO WAGAYADONO HANATACHIBANANI SUMIWATARETORI
鶯の巣の卵の中にホトトギスが一羽生まれたら、自分の親とは違う声で鳴く。卯の花が咲く野原から空高く飛び、橘の枝に止まって花を散らしながら一日中鳴くがいい声だ。ここがお前の場所だ。もう遠くへ行かなくていい。我が家の庭の橘の花にずっと住み着いておれ。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 哥 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました