万葉集 第9巻 1739番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1739番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1739番歌

第9巻
歌番号 1739番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 (詠上総末珠名娘子一首[并短歌])反歌
原文 金門尓之 人乃来立者 夜中母 身者田菜不知 出曽相来
訓読 金門にし人の来立てば夜中にも身はたな知らず出でてぞ逢ひける
かな かなとにし ひとのきたてば よなかにも みはたなしらず いでてぞあひける
英語(ローマ字) KANATONISHI HITONOKITATEBA YONAKANIMO MIHATANASHIRAZU IDETEZOAHIKERU
金門に男がやってきて立つと、夜中であっても、身の危険も顧みず逢った。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、千葉、美女伝説、地名
タイトルとURLをコピーしました