安宿王が書いた万葉集

安宿王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 4 首

歌番号 本歌
第20巻4301番歌 印南野の赤ら柏は時はあれど君を我が思ふ時はさねなし
第20巻4452番歌 娘子らが玉裳裾引くこの庭に秋風吹きて花は散りつつ

安宿王とは?

安宿王(読み:あすかべおう)
?-? 、奈良時代の皇族。天武天皇の後裔で、左大臣・長屋王の五男。臣籍降下後の氏姓は高階真人。官位は正四位下・讃岐守。

タイトルとURLをコピーしました