志貴皇子が書いた万葉集

志貴皇子が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 6 首

歌番号 本歌
第1巻51番歌 采女の袖吹きかへす明日香風都を遠みいたづらに吹く
第1巻64番歌 葦辺行く鴨の羽交ひに霜降りて寒き夕は大和し思ほゆ
第3巻267番歌 むささびは木末求むとあしひきの山のさつ男にあひにけるかも
第4巻513番歌 大原のこのいち柴のいつしかと我が思ふ妹に今夜逢へるかも
第8巻1418番歌 石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも
第8巻1466番歌 神奈備の石瀬の社の霍公鳥毛無の岡にいつか来鳴かむ
タイトルとURLをコピーしました