角廣辨が書いた万葉集

角廣辨が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 1 首

歌番号 本歌
第8巻1641番歌 淡雪に降らえて咲ける梅の花君がり遣らばよそへてむかも

角廣辨とは?

角廣辨(読み:つぬのひろべ)
?-? 奈良時代の官吏。
天平2年(730)の大和国正税帳に大和国少掾正七位上とある都濃光弁と同一人とおもわれる。名は「ひろなり」「ひろわき」ともよむ。

タイトルとURLをコピーしました