柿本人麻呂が書いた万葉集

柿本人麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 91 首

歌番号 本歌
第1巻29番歌【長歌】 玉たすき 畝傍の山の 橿原の ひじりの御代ゆ [或云 宮ゆ] …
第1巻30番歌 楽浪の志賀の辛崎幸くあれど大宮人の舟待ちかねつ
第1巻31番歌 楽浪の志賀の [一云 比良の] 大わだ淀むとも昔の人にまたも逢はめやも [一云 逢はむと思へや]
第1巻36番歌【長歌】 やすみしし 我が大君の きこしめす 天の下に 国はしも…
第1巻37番歌 見れど飽かぬ吉野の川の常滑の絶ゆることなくまたかへり見む
第1巻38番歌【長歌】 やすみしし 我が大君 神ながら 神さびせすと 吉野川…
第1巻39番歌 山川も依りて仕ふる神ながらたぎつ河内に舟出せすかも
第1巻40番歌 嗚呼見の浦に舟乗りすらむをとめらが玉裳の裾に潮満つらむか
第1巻41番歌 釧着く答志の崎に今日もかも大宮人の玉藻刈るらむ
第1巻42番歌 潮騒に伊良虞の島辺漕ぐ舟に妹乗るらむか荒き島廻を
第1巻45番歌【長歌】 やすみしし 我が大君 高照らす 日の皇子 神ながら 神さびせすと…
第1巻46番歌 安騎の野に宿る旅人うち靡き寐も寝らめやもいにしへ思ふに
第1巻47番歌 ま草刈る荒野にはあれど黄葉の過ぎにし君が形見とぞ来し
第1巻48番歌 東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ
第1巻49番歌 日並の皇子の命の馬並めてみ狩り立たしし時は来向ふ
第2巻131番歌【長歌】 石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそ見らめ 潟なしと [一云 礒なしと]…
第2巻132番歌 石見のや高角山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか
第2巻133番歌 笹の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば
第2巻134番歌 石見なる高角山の木の間ゆも我が袖振るを妹見けむかも
第2巻135番歌【長歌】 つのさはふ 石見の海の 言さへく 唐の崎なる 海石にぞ 深海松生ふる…
第2巻136番歌 青駒が足掻きを速み雲居にぞ妹があたりを過ぎて来にける [一云 あたりは隠り来にける]
第2巻137番歌 秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む [一云 散りな乱ひそ]
第2巻138番歌【長歌】 石見の海 津の浦をなみ 浦なしと 人こそ見らめ 潟なしと 人こそ見らめ…
第2巻139番歌 石見の海打歌の山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか
第2巻140番歌 な思ひと君は言へども逢はむ時いつと知りてか我が恋ひずあらむ
第2巻167番歌【長歌】 天地の 初めの時 ひさかたの 天の河原に 八百万 千万神の 神集ひ…
第2巻168番歌 ひさかたの天見るごとく仰ぎ見し皇子の御門の荒れまく惜しも
第2巻169番歌 あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも
第2巻170番歌 嶋の宮まがりの池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜かず
第2巻194番歌【長歌】 飛ぶ鳥の 明日香の川の 上つ瀬に 生ふる玉藻は 下つ瀬に 流れ触らばふ…
第2巻195番歌 敷栲の袖交へし君玉垂の越智野過ぎ行くまたも逢はめやも [一云 越智野に過ぎぬ]
第2巻196番歌【長歌】 飛ぶ鳥の 明日香の川の 上つ瀬に 石橋渡し [一云 石なみ] 下つ瀬に 打橋渡す…
第2巻197番歌 明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水ものどにかあらまし [一云 水の淀にかあらまし]
第2巻198番歌 明日香川明日だに [一云 さへ] 見むと思へやも [一云 思へかも] 我が大君の御名忘れせぬ [一云 御名忘らえぬ]
第2巻199番歌【長歌】 かけまくも ゆゆしきかも [一云 ゆゆしけれども] 言はまくも あやに畏き…
第2巻200番歌 ひさかたの天知らしぬる君故に日月も知らず恋ひわたるかも
第2巻201番歌 埴安の池の堤の隠り沼のゆくへを知らに舎人は惑ふ
第2巻207番歌【長歌】 天飛ぶや 軽の道は 我妹子が 里にしあれば ねもころに 見まく欲しけど…
第2巻208番歌 秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも [一云 道知らずして]
第2巻209番歌 黄葉の散りゆくなへに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆ
第2巻210番歌【長歌】 うつせみと 思ひし時に [一云 うつそみと 思ひし] 取り持ちて 我がふたり見し…
第2巻211番歌 去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離る
第2巻212番歌 衾道を引手の山に妹を置きて山道を行けば生けりともなし
第2巻213番歌【長歌】 うつそみと 思ひし時に たづさはり 我がふたり見し 出立の 百枝槻の木…
第2巻214番歌 去年見てし秋の月夜は渡れども相見し妹はいや年離る
第2巻215番歌 衾道を引手の山に妹を置きて山道思ふに生けるともなし
第2巻216番歌 家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕
第2巻217番歌【長歌】 秋山の したへる妹 なよ竹の とをよる子らは いかさまに 思ひ居れか…
第2巻218番歌 楽浪の志賀津の子らが [一云 志賀の津の子が] 罷り道の川瀬の道を見れば寂しも
第2巻219番歌 そら数ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔しき
第2巻220番歌【長歌】 玉藻よし 讃岐の国は 国からか 見れども飽かぬ 神からか ここだ貴き…
第2巻221番歌 妻もあらば摘みて食げまし沙弥の山野の上のうはぎ過ぎにけらずや
第2巻222番歌 沖つ波来寄る荒礒を敷栲の枕とまきて寝せる君かも
第2巻223番歌 鴨山の岩根しまける我れをかも知らにと妹が待ちつつあるらむ
第3巻235番歌 大君は神にしませば天雲の雷の上に廬りせるかも
第3巻239番歌【長歌】 やすみしし 我が大君 高照らす 我が日の御子の 馬並めて 御狩り立たせる…
第3巻240番歌 ひさかたの天行く月を網に刺し我が大君は蓋にせり
第3巻241番歌 大君は神にしませば真木の立つ荒山中に海を成すかも
第3巻249番歌 御津の崎波を畏み隠江の舟公宣奴嶋尓
第3巻250番歌 玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船近づきぬ
第3巻251番歌 淡路の野島が崎の浜風に妹が結びし紐吹き返す
第3巻252番歌 荒栲の藤江の浦に鱸釣る海人とか見らむ旅行く我れを
第3巻253番歌 稲日野も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加古の島見ゆ [一云 水門見ゆ]
第3巻254番歌 燈火の明石大門に入らむ日や漕ぎ別れなむ家のあたり見ず
第3巻255番歌 天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より大和島見ゆ [一本云 家のあたり見ゆ]
第3巻256番歌 笥飯の海の庭よくあらし刈薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船
第3巻261番歌【長歌】 やすみしし 我が大君 高照らす 日の御子 敷きいます 大殿の上に ひさかたの…
第3巻262番歌 矢釣山木立も見えず降りまがふ雪に騒ける朝楽しも
第3巻264番歌 もののふの八十宇治川の網代木にいさよふ波のゆくへ知らずも
第3巻266番歌 近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ
第3巻303番歌 名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は
第3巻304番歌 大君の遠の朝廷とあり通ふ島門を見れば神代し思ほゆ
第3巻423番歌【長歌】 つのさはふ 磐余の道を 朝さらず 行きけむ人の 思ひつつ 通ひけまくは…
第3巻426番歌 草枕旅の宿りに誰が嬬か国忘れたる家待たまくに
第3巻428番歌 こもりくの初瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらむ
第3巻429番歌 山の際ゆ出雲の子らは霧なれや吉野の山の嶺にたなびく
第3巻430番歌 八雲さす出雲の子らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ
第4巻496番歌 み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかも
第4巻497番歌 いにしへにありけむ人も我がごとか妹に恋ひつつ寐ねかてずけむ
第4巻498番歌 今のみのわざにはあらずいにしへの人ぞまさりて音にさへ泣きし
第4巻499番歌 百重にも来及かぬかもと思へかも君が使の見れど飽かずあらむ
第4巻501番歌 娘子らが袖布留山の瑞垣の久しき時ゆ思ひき我れは
第4巻502番歌 夏野行く牡鹿の角の束の間も妹が心を忘れて思へや
第4巻503番歌 玉衣のさゐさゐしづみ家の妹に物言はず来にて思ひかねつも
第11巻2634番歌 里遠み恋わびにけりまそ鏡面影去らず夢に見えこそ
第15巻3606番歌 玉藻刈る処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬りす我れは
第15巻3607番歌 白栲の藤江の浦に漁りする海人とや見らむ旅行く我れを
第15巻3608番歌 天離る鄙の長道を恋ひ来れば明石の門より家のあたり見ゆ
第15巻3609番歌 武庫の海の庭よくあらし漁りする海人の釣舟波の上ゆ見ゆ
第15巻3610番歌 安胡の浦に舟乗りすらむ娘子らが赤裳の裾に潮満つらむか
第15巻3611番歌 大船に真楫しじ貫き海原を漕ぎ出て渡る月人壮士

柿本人麻呂歌集 366 首

柿本人麻呂歌集はこちらです。
柿本人麻呂歌集の一覧

スポンサーリンク

柿本人麻呂とは?

柿本人麻呂(読み:かきのもとひとまろ)
660-724 飛鳥時代の歌人。山部赤人と並び、歌聖と称えられている。
もっとも有名な歌人。最後に万葉集を編纂したとされる大伴家持の次に詠んだ歌が多い。
その数91首は本人が詠んだものとされている。それとは別に「柿本人麻呂歌集」というものがある。成立が不明でよくわかっていないが、歌集の中には本人作のものも含まれている。

柿本一族は、孝昭天皇後裔に当たる春日家の分家になるという。人麻呂は有名な歌人であり、特に天皇崇拝の歌が多い。その理由は、当時天皇の後継者問題による内乱(壬申の乱)が多発しており、不安定な時代だったことがあげられる。
人麻呂の歌に年代がしっかり書かれたのも持統天皇が即位してからであり、天皇を神格化することで、統治された平和を唱えていたと思われる。

後に、持統天皇と親密であったためか、じつは恋人だったからとかの言われもあるが、根拠はない。
また人麻呂の出生に関する記述が多くあるものの、確実性が薄いものが多く、未だよくわかっていない。

タイトルとURLをコピーしました