大伴像見が書いた万葉集

大伴像見が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 5 首

歌番号 本歌
第4巻664番歌 石上降るとも雨につつまめや妹に逢はむと言ひてしものを
第4巻697番歌 我が聞きに懸けてな言ひそ刈り薦の乱れて思ふ君が直香ぞ
第4巻698番歌 春日野に朝居る雲のしくしくに我れは恋ひ増す月に日に異に
第4巻699番歌 一瀬には千たび障らひ行く水の後にも逢はむ今にあらずとも
第8巻1595番歌 秋萩の枝もとををに置く露の消なば消ぬとも色に出でめやも
タイトルとURLをコピーしました