鴨足人が書いた万葉集

鴨足人が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 4 首

歌番号 本歌
第3巻257番歌 天降りつく 天の香具山 霞立つ 春に至れば 松風に 池波立ちて 桜花 木の暗茂に 沖辺には 鴨妻呼ばひ 辺つ辺に あぢ群騒き ももしきの 大宮人の 退り出て 遊ぶ船には 楫棹も なくて寂しも 漕ぐ人なしに
第3巻258番歌 人漕がずあらくもしるし潜きする鴛鴦とたかべと船の上に棲む
第3巻259番歌 いつの間も神さびけるか香具山の桙杉の本に苔生すまでに
第3巻260番歌 天降りつく 神の香具山 うち靡く 春さり来れば 桜花 木の暗茂に 松風に 池波立ち 辺つ辺には あぢ群騒き 沖辺には 鴨妻呼ばひ ももしきの 大宮人の 退り出て 漕ぎける船は 棹楫も なくて寂しも 漕がむと思へど
タイトルとURLをコピーしました