万葉集 第3巻 258番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻258番歌はこちらにまとめました。

第3巻 258番歌

第3巻
歌番号 258番歌
作者 鴨足人
題詞 (鴨君足人香具山歌一首[并短歌])反歌二首
原文 人不榜 有雲知之 潜為 鴦与高部共 船上住
訓読 人漕がずあらくもしるし潜きする鴛鴦とたかべと船の上に棲む
かな ひとこがず あらくもしるし かづきする をしとたかべと ふねのうへにすむ
英語(ローマ字) HITOKOGAZU ARAKUMOSHIRUSHI KADUKISURU WOSHITOTAKABETO FUNENOUHENISUMU
人が漕がなくなって船の荒れが著しい。水に潜るオシドリやコガモが船の上に住みついている。
左注 ?(右今案 遷都寧樂之後怜舊作此歌歟)
校異
用語 雑歌、作者:鴨足人、哀惜、荒都歌、高市皇子、飛鳥、動物
タイトルとURLをコピーしました