遣唐使母が書いた万葉集

遣唐使母が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第9巻1790番歌 秋萩を 妻どふ鹿こそ 独り子に 子持てりといへ 鹿子じもの 我が独り子の 草枕 旅にし行けば 竹玉を 繁に貫き垂れ 斎瓮に 木綿取り垂でて 斎ひつつ 我が思ふ我子 ま幸くありこそ
第9巻1791番歌 旅人の宿りせむ野に霜降らば我が子羽ぐくめ天の鶴群
タイトルとURLをコピーしました