有間皇子が書いた万葉集

有間皇子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 1 首

歌番号 本歌
第2巻141番歌 磐白の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまた帰り見む
第2巻142番歌 家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る
タイトルとURLをコピーしました