土師水通が書いた万葉集

土師水通が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 4 首

歌番号本歌
第4巻557番歌大船を漕ぎの進みに岩に触れ覆らば覆れ妹によりては
第4巻558番歌ちはやぶる神の社に我が懸けし幣は賜らむ妹に逢はなくに
第5巻843番歌梅の花折りかざしつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ[土師氏御<道>]
第16巻3844番歌ぬばたまの斐太の大黒見るごとに巨勢の小黒し思ほゆるかも
タイトルとURLをコピーしました