万葉集 第16巻 3878番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3878番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第16巻 3878番歌

第16巻
歌番号 3878番歌
作者 作者不詳
題詞 能登國歌三首
原文 <シ>楯 熊来乃夜良尓 新羅斧 堕入 和之 河毛R河毛R 勿鳴為曽弥 浮出流夜登将見 和之
訓読 はしたての 熊来のやらに 新羅斧 落し入れ わし かけてかけて な泣かしそね 浮き出づるやと見む わし
かな はしたての くまきのやらに しらきをの おとしいれ わし かけてかけて ななかしそね うきいづるやとみむ わし
英語(ローマ字) HASHITATENO KUMAKINOYARANI SHIRAKIWONO OTOSHIIRE WASHI KAKETEKAKETE NANAKASHISONE UKIIDURUYATOMIMU WASHI
熊来(くまき)の海底に新羅の斧を落としなすったか、よいこらしょ。気になってなって泣かんしゃんすな。浮いてくるか見てみようじゃないか、よいこらしょ。
左注 右一首傳云 或有愚人 斧堕海底而不解鐵沈無理浮水 聊作此歌口吟為喩也
校異 楷 シ [尼][類][紀] / 河 [類](塙) 阿
用語 雑歌、石川、枕詞、民謡、歌謡、中島町、伝承、嘲笑、戯笑
タイトルとURLをコピーしました