万葉集 第14巻 3511番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3511番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3511番歌

第14巻
歌番号 3511番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安乎祢呂尓 多奈婢久君母能 伊佐欲比尓 物能乎曽於毛布 等思乃許能己呂
訓読 青嶺ろにたなびく雲のいさよひに物をぞ思ふ年のこのころ
かな あをねろに たなびくくもの いさよひに ものをぞおもふ としのこのころ
英語(ローマ字) AWONERONI TANABIKUKUMONO ISAYOHINI MONOWOZOOMOFU TOSHINOKONOKORO
あの青い山に雲がたなびいている。その雲が漂っているごとく、あの子のことが思われてならない。きょうこのごろ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました