万葉集 第14巻 3441番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3441番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3441番歌

第14巻
歌番号 3441番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 麻等保久能 久毛為尓見由流 伊毛我敝尓 伊都可伊多良武 安由賣安我古麻
訓読 ま遠くの雲居に見ゆる妹が家にいつか至らむ歩め我が駒
かな まとほくの くもゐにみゆる いもがへに いつかいたらむ あゆめあがこま
英語(ローマ字) MATOHOKUNO KUMOゐNIMIYURU IMOGAHENI ITSUKAITARAMU AYUMEAGAKOMA
遙か遠く雲がかかっているあたりに彼女の家が見える。いつかそこに着くだろう。さあ、歩めわが駒。
左注 柿本朝臣人麻呂歌集曰 等保久之弖 又曰 安由賣久路古<麻>
校異 麿 麻 [元][類][紀]
用語 東歌、雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、異伝、羈旅、恋情、望郷
スポンサーリンク

第14巻 3441S1番歌(異伝歌1)

題詞 柿本朝臣人麻呂歌集曰 又曰
原文 等保久之弖 安由賣久路古<麻>
訓読 遠くして 歩め黒駒
かな とほくして あゆめくろこま
英語(ローマ字) TOHOKUSHITE AYUMEKUROKOMA
遠くにいる。歩け黒毛の馬よ。
左注
校異
用語 東歌、雑歌、異伝、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました