万葉集 第11巻 2457番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2457番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2457番歌

第11巻
歌番号 2457番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 大野 小雨被敷 木本 時依来 我念人
訓読 大野らに小雨降りしく木の下に時と寄り来ね我が思ふ人
かな おほのらに こさめふりしく このもとに ときとよりこね わがおもふひと
英語(ローマ字) OHONORANI KOSAMEFURISHIKU KONOMOTONI TOKITOYORIKONE WAGAOMOFUHITO
広々とした野に小雨が降りしきっている。こんな時だからこそ、雨宿りにこの木の根元にお寄りになったら、わが思う人よ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました