万葉集 第7巻 1087番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1087番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1087番歌

第7巻
歌番号 1087番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠雲
原文 痛足河 々浪立奴 巻目之 由槻我高仁 雲居立有良志
訓読 穴師川川波立ちぬ巻向の弓月が岳に雲居立てるらし
かな あなしがは かはなみたちぬ まきむくの ゆつきがたけに くもゐたてるらし
英語(ローマ字) ANASHIGAHA KAHANAMITACHINU MAKIMUKUNO YUTSUKIGATAKENI KUMOゐTATERURASHI
穴師川の渓流に川波が立っている。あの巻向山の弓月が岳に雲が湧き上がっているのだろうね。
左注 (右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 立有 [細](塙) 立 / 志 [類][紀][温] 思
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、龍王山、奈良、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました