万葉集 第6巻 1033番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1033番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1033番歌

第6巻
歌番号 1033番歌
作者 大伴家持
題詞 ((十二年庚辰冬十月依<大>宰少貳藤原朝臣廣嗣謀反發軍 幸于伊勢國之時)狭殘<行宮>大伴宿祢家持作歌二首)
原文 御食國 志麻乃海部有之 真熊野之 小船尓乗而 奥部榜所見
訓読 御食つ国志摩の海人ならしま熊野の小舟に乗りて沖へ漕ぐ見ゆ
かな みけつくに しまのあまならし まくまのの をぶねにのりて おきへこぐみゆ
英語(ローマ字) MIKETSUKUNI SHIMANOAMANARASHI MAKUMANONO WOBUNENINORITE OKIHEKOGUMIYU
御食つ国志摩の漁師であろうか。真熊野の小舟に乗って沖に漕いでいくのが見える。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴家持、叙景、羈旅、天平12年10月、年紀、三重、属目、地名
タイトルとURLをコピーしました