榎井王が書いた万葉集

榎井王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第5巻838番歌 梅の花散り乱ひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて[大隅目榎氏鉢麻呂]
第6巻1015番歌 玉敷きて待たましよりはたけそかに来る今夜し楽しく思ほゆ

榎井王とは?

榎井王(読み:えのいおう/えのいのおおきみ)
?-? 奈良時代の皇族。天智天皇の孫。
天智天皇の孫にあたるが、各種史書上に叙位任官の記録はない。天平9年(737年)橘少卿(橘諸兄または橘佐為)及び諸大夫らが門部王の邸宅に集って宴会を催した際、門部王の来客を歓迎する歌に和して詠んだ歌が2首残っている。

タイトルとURLをコピーしました