厚見王が書いた万葉集

厚見王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 3 首

歌番号 本歌
第4巻668番歌 朝に日に色づく山の白雲の思ひ過ぐべき君にあらなくに
第8巻1435番歌 かはづ鳴く神奈備川に影見えて今か咲くらむ山吹の花
第8巻1458番歌 やどにある桜の花は今もかも松風早み地に散るらむ
タイトルとURLをコピーしました