三野石守が書いた万葉集

三野石守が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第8巻1644番歌 引き攀ぢて折らば散るべみ梅の花袖に扱入れつ染まば染むとも
第17巻3890番歌 我が背子を安我松原よ見わたせば海人娘子ども玉藻刈る見ゆ
タイトルとURLをコピーしました