山前王が書いた万葉集

山前王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 3 首

歌番号 本歌
第3巻423番歌 つのさはふ 磐余の道を 朝さらず 行きけむ人の 思ひつつ 通ひけまくは 霍公鳥 鳴く五月には あやめぐさ 花橘を 玉に貫き [一云 貫き交へ] かづらにせむと 九月の しぐれの時は 黄葉を 折りかざさむと 延ふ葛の いや遠長く [一云 葛の根の いや遠長に] 万代に 絶えじと思ひて [一云 大船の 思ひたのみて] 通ひけむ 君をば明日ゆ [一云 君を明日ゆは] 外にかも見む
第3巻424番歌 こもりくの泊瀬娘子が手に巻ける玉は乱れてありと言はずやも
第3巻425番歌 川風の寒き泊瀬を嘆きつつ君が歩くに似る人も逢へや