田村大嬢が書いた万葉集

田村大嬢が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 6 首

歌番号 本歌
第4巻759番歌 いかならむ時にか妹を葎生の汚なきやどに入りいませてむ
第8巻1449番歌 茅花抜く浅茅が原のつほすみれ今盛りなり我が恋ふらくは
第8巻1506番歌 故郷の奈良思の岡の霍公鳥言告げ遣りしいかに告げきや
第8巻1622番歌 我が宿の秋の萩咲く夕影に今も見てしか妹が姿を
第8巻1623番歌 我が宿にもみつ蝦手見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日はなし
第8巻1662番歌 淡雪の消ぬべきものを今までに流らへぬるは妹に逢はむとぞ
タイトルとURLをコピーしました