石川広成が書いた万葉集

石川広成が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第8巻1600番歌 妻恋ひに鹿鳴く山辺の秋萩は露霜寒み盛り過ぎゆく
第8巻1601番歌 めづらしき君が家なる花すすき穂に出づる秋の過ぐらく惜しも
タイトルとURLをコピーしました