大伴宿奈麻呂が書いた万葉集

大伴宿奈麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第4巻532番歌 うちひさす宮に行く子をま悲しみ留むれば苦し遣ればすべなし
第4巻533番歌 難波潟潮干のなごり飽くまでに人の見る子を我れし羨しも
タイトルとURLをコピーしました