河辺宮人が書いた万葉集

河辺宮人が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 6 首

歌番号 本歌
第2巻228番歌 妹が名は千代に流れむ姫島の小松がうれに蘿生すまでに
第2巻229番歌 難波潟潮干なありそね沈みにし妹が姿を見まく苦しも
第3巻434番歌 風早の美穂の浦廻の白つつじ見れども寂しなき人思へば [或云 見れば悲しもなき人思ふに]
第3巻435番歌 みつみつし久米の若子がい触れけむ礒の草根の枯れまく惜しも
第3巻436番歌 人言の繁きこのころ玉ならば手に巻き持ちて恋ひずあらましを
第3巻437番歌 妹も我れも清みの川の川岸の妹が悔ゆべき心は持たじ

河辺宮人とは?

河辺宮人(読み:かわべのみやひと)
?-? 飛鳥時代の人。
和銅四年(711)に、姫島の松原で娘子の屍を見て作ったという歌が万葉集に6首ある。「河辺宮人」は人名でなく、飛鳥の河辺宮の宮人の意とする説がある(萬葉集全注釋)。また物語上の作者で、架空の人物の匂いが強いとも言う(萬葉集釋注)。

タイトルとURLをコピーしました