丹生王が書いた万葉集

丹生王が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 3 首

歌番号本歌
第3巻420番歌なゆ竹の とをよる御子 さ丹つらふ 我が大君は こもりくの 初瀬の山に 神さびに 斎きいますと 玉梓の 人ぞ言ひつる およづれか 我が聞きつる たはことか 我が聞きつるも 天地に 悔しきことの 世間の 悔しきことは 天雲の そくへの極み 天地の 至れるまでに 杖つきも つかずも行きて 夕占問ひ 石占もちて 我が宿に みもろを立てて 枕辺に 斎瓮を据ゑ 竹玉を 間なく貫き垂れ 木綿たすき かひなに懸けて 天なる ささらの小野の 七節菅 手に取り持ちて ひさかたの 天の川原に 出で立ちて みそぎてましを 高山の 巌の上に いませつるかも
第3巻421番歌およづれのたはこととかも高山の巌の上に君が臥やせる
第3巻422番歌石上布留の山なる杉群の思ひ過ぐべき君にあらなくに
タイトルとURLをコピーしました