万葉集 第15巻 3686番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第15巻3686番歌はこちらにまとめました。

第15巻 3686番歌

第15巻
歌番号 3686番歌
作者 作者不詳
題詞 (肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首)
原文 多婢奈礼婆 於毛比多要弖毛 安里都礼杼 伊敝尓安流伊毛之 於母比我奈思母
訓読 旅なれば思ひ絶えてもありつれど家にある妹し思ひ悲しも
かな たびなれば おもひたえても ありつれど いへにあるいもし おもひがなしも
英語(ローマ字) TABINAREBA OMOHITAETEMO ARITSUREDO IHENIARUIMOSHI OMOHIGANASHIMO
旅の身なのでたいていのことは諦めがつくのだが、家に残してきた妻のことだけは思うと悲しい。
左注
校異
用語 遣新羅使、天平8年、年紀、羈旅、佐賀県、唐津市、神集島、望郷
タイトルとURLをコピーしました