万葉集 第14巻 3515番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3515番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3515番歌

第14巻
歌番号 3515番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 阿我於毛乃 和須礼牟之太波 久尓波布利 祢尓多都久毛乎 見都追之努波西
訓読 我が面の忘れむしだは国はふり嶺に立つ雲を見つつ偲はせ
かな あがおもの わすれむしだは くにはふり ねにたつくもを みつつしのはせ
英語(ローマ字) AGAOMONO WASUREMUSHIDAHA KUNIHAFURI NENITATSUKUMOWO MITSUTSUSHINOHASE
私の顔を忘れそうな時には、国のあちこちにある嶺にかかる雲を見て私を偲んでちょうだい。
左注
校異
用語 東歌、相聞、女歌、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました