万葉集 第14巻 3496番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3496番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3496番歌

第14巻
歌番号 3496番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 多知婆奈乃 古婆乃波奈里我 於毛布奈牟 己許呂宇都久思 伊弖安礼波伊可奈
訓読 橘の古婆の放髪が思ふなむ心うつくしいで我れは行かな
かな たちばなの こばのはなりが おもふなむ こころうつくし いであれはいかな
英語(ローマ字) TACHIBANANO KOBANOHANARIGA OMOFUNAMU KOKOROUTSUKUSHI IDEAREHAIKANA
橘(たちばな)の古婆(こば)にいる髪を結い上げていない少女が、思う心が美しい。さあ、今からその少女の許へ行こう。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、神奈川県、川崎市、恋情
タイトルとURLをコピーしました