万葉集 第14巻 3455番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3455番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3455番歌

第14巻
歌番号 3455番歌
作者 作者不詳
題詞 相聞
原文 古非思家婆 伎麻世和我勢古 可伎都楊疑 宇礼都美可良思 和礼多知麻多牟
訓読 恋しけば来ませ我が背子垣つ柳末摘み枯らし我れ立ち待たむ
かな こひしけば きませわがせこ かきつやぎ うれつみからし われたちまたむ
英語(ローマ字) KOHISHIKEBA KIMASEWAGASEKO KAKITSUYAGI URETSUMIKARASHI WARETACHIMATAMU
私が恋しかったらいらして下さい。あなた。垣根の柳の枝先の芽を摘み摘みしながら立ってお待ちしますわ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、女歌、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました