万葉集 第14巻 3360番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3360番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3360番歌

第14巻
歌番号 3360番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 伊豆乃宇美尓 多都思良奈美能 安里都追毛 都藝奈牟毛能乎 <美>太礼志米梅楊
訓読 伊豆の海に立つ白波のありつつも継ぎなむものを乱れしめめや
かな いづのうみに たつしらなみの ありつつも つぎなむものを みだれしめめや
英語(ローマ字) IDUNOUMINI TATSUSHIRANAMINO ARITSUTSUMO TSUGINAMUMONOWO MIDARESHIMEMEYA
伊豆の海に立つ白波のようにこのまま続けばいいものを、私があなたの心を乱れさせることがありましょうか。
左注 或本歌曰 之良久毛能 多延都追母 都我牟等母倍也 美太礼曽米家武 / 右一首伊豆國歌
校異 <> 美 [西(右書)][類][紀][細]
用語 東歌、相聞、静岡県、地名、伊豆、女歌、恋情、序詞
スポンサーリンク

第14巻 3360S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌曰
原文 之良久毛能 多延都追母 都我牟等母倍也 美太礼曽米家武
訓読 白雲の絶えつつも継がむと思へや乱れそめけむ
かな しらくもの たえつつも つがむともへや みだれそめけむ
英語(ローマ字) SHIRAKUMONO TAETSUTSUMO TSUGAMUTOMOHEYA MIDARESOMEKEMU
白雲がただ彷徨うように、このまま恋を続けたいと思ったかな。乱れ白雲よ。
左注 右一首伊豆國歌
校異
用語 東歌、相聞、静岡県、異伝、女歌、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました