万葉集 第12巻 3208番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3208番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3208番歌

第12巻
歌番号 3208番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲別歌)
原文 久将在 君念尓 久堅乃 清月夜毛 闇夜耳見
訓読 久にあらむ君を思ふにひさかたの清き月夜も闇の夜に見ゆ
かな ひさにあらむ きみをおもふに ひさかたの きよきつくよも やみのよにみゆ
英語(ローマ字) HISANIARAMU KIMIWOOMOFUNI HISAKATANO KIYOKITSUKUYOMO YAMINOYONIMIYU
長い旅路になるでしょう。そのあなたを思うと、清らかな月夜も、まるで闇夜のように見えます。
左注
校異 耳 (塙) 所
用語 枕詞、旅立ち、女歌、不安、恋情
タイトルとURLをコピーしました