万葉集 第11巻 2811番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2811番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2811番歌

第11巻
歌番号2811番歌
作者作者不詳
題詞(問答)
原文此言乎 聞跡<平> 真十鏡 照月夜裳 闇耳見
訓読この言を聞かむとならしまそ鏡照れる月夜も闇のみに見つ
かなこのことを きかむとならし まそかがみ てれるつくよも やみのみにみつ
英語(ローマ字)KONOKOTOWO KIKAMUTONARASHI MASOKAGAMI TERERUTSUKUYOMO YAMINOMINIMITSU
月夜も闇と思ってあなたのことはあきらめていました。でも、あなたのその言葉をお聞きして光が射しました。
左注右二首
校異乎 平 [万葉集新考]
用語枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました