万葉集 第11巻 2803番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2803番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2803番歌

第11巻
歌番号 2803番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 里中尓 鳴奈流鶏之 喚立而 甚者不鳴 隠妻羽毛 [一云 里動 鳴成鶏]
訓読 里中に鳴くなる鶏の呼び立てていたくは泣かぬ隠り妻はも [一云 里響め鳴くなる鶏の]
かな さとなかに なくなるかけの よびたてて いたくはなかぬ こもりづまはも [さととよめ なくなるかけの]
英語(ローマ字) SATONAKANI NAKUNARUKAKENO YOBITATETE ITAKUHANAKANU KOMORIDUMAHAMO [SATOTOYOME NAKUNARUKAKENO]
里じゅうに響かせてけたたましく鳴く鶏とは異なって、人目を忍んでひっそり暮らす妻よ、ああ。
左注
校異
用語 動物、序詞、異伝、恋情、鳥
タイトルとURLをコピーしました