万葉集 第11巻 2603番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2603番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2603番歌

第11巻
歌番号 2603番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 心乎之 君尓奉跡 念有者 縦比来者 戀乍乎将有
訓読 心をし君に奉ると思へればよしこのころは恋ひつつをあらむ
かな こころをし きみにまつると おもへれば よしこのころは こひつつをあらむ
英語(ローマ字) KOKOROWOSHI KIMINIMATSURUTO OMOHEREBA YOSHIKONOKOROHA KOHITSUTSUWOARAMU
この心まであなたに差し上げたのですもの。たとえお逢い出来なくとも、いましばらくは恋い焦がれているだけです。
左注
校異
用語 女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました