園生羽女が書いた万葉集

園生羽女が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 1 首

歌番号 本歌
第2巻124番歌 人皆は今は長しとたけと言へど君が見し髪乱れたりとも [娘子]

園生羽女とは?

園生羽女(読み:そののいくはのめ)
?-? 飛鳥(あすか)時代の女性。
持統天皇(在位690-697)のころ三方沙弥の妻で、夫ととりかわした歌1首がある。園娘女(いらつめ)ともいう。

タイトルとURLをコピーしました