河内百枝娘子が書いた万葉集

河内百枝娘子が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号 本歌
第4巻701番歌 はつはつに人を相見ていかにあらむいづれの日にかまた外に見む
第4巻702番歌 ぬばたまのその夜の月夜今日までに我れは忘れず間なくし思へば

河内百枝娘子とは?

河内百枝娘子(読み:かわちのももえおとめ)
?-? 奈良時代の女性。
女官とも遊女ともいわれる。大伴家持におくった和歌2首がある。

タイトルとURLをコピーしました