大原今城が書いた万葉集

大原今城が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 8 首

歌番号 本歌
第8巻1604番歌 秋されば春日の山の黄葉見る奈良の都の荒るらく惜しも
第20巻4442番歌 我が背子が宿のなでしこ日並べて雨は降れども色も変らず
第20巻4444番歌 我が背子が宿なる萩の花咲かむ秋の夕は我れを偲はせ
第20巻4475番歌 初雪は千重に降りしけ恋ひしくの多かる我れは見つつ偲はむ
第20巻4476番歌 奥山のしきみが花の名のごとやしくしく君に恋ひわたりなむ
第20巻4496番歌 恨めしく君はもあるか宿の梅の散り過ぐるまで見しめずありける
第20巻4505番歌 礒の裏に常呼び来住む鴛鴦の惜しき我が身は君がまにまに
第20巻4507番歌 高圓の峰の上の宮は荒れぬとも立たしし君の御名忘れめや
タイトルとURLをコピーしました